美濃産業のロゴ 創業35年以上の金属研磨の技術力 有限会社 美濃産業

ガラス掃除との違い
ガラス再生研磨のメリット・デメリットとは?

ガラス掃除でなぜ落ちないのか?

そもそも、窓ガラスの汚れのとなる主な原因としては、次のようなものがあります。

  1. 外部環境による汚れ

    • ホコリの飛散
    • 雨による汚れの付着
    • 海の潮
    • 紫外線よる日焼け
    • 砂などによる細かな傷
  2. 使用環境による汚れ

    • 水垢(うろこ)
    • 石鹸カスや洗剤の残り
    • 水垢(うろこ)
    • 温泉瀬至文の付着

このような汚れは、毎日付着して窓ガラスに少しずつダメージを与えていくため、時間が経つごとに汚れが蓄積していきます。
そして頑固にこびり付いた汚れや小さな傷は、日常のお手入れでは落ちないのはもちろん、プロの清掃業者によるクリーニングでも落としきることができなくなってしまいます。

特にこんな場合は、ガラス掃除では対応しきれません。

  • 海辺の施設の場合

    ⇒塩害や紫外線、砂による汚れや傷による損傷も大きくなります。
  • 温泉施設の場合

    ⇒温泉成分や、石鹸などが窓ガラスに付着するため、結晶化してしまいます。

ガラス掃除との違い
ガラス再生研磨のメリット・デメリット

ガラス再生研磨は、ガラス掃除とどう違うのか?
ガラス交換・ガラス清掃・ガラス再生研磨の、それぞれのメリット・デメリットとは?
これらを徹底比較しました。

ガラス再生研磨ガラス交換ガラス清掃


「ガラスリニューアル工法」高い研磨技術により、ガラスに傷を付けず、表面の頑固な汚れのみを削り落とす。
「ガラススクラッチ除去工法」
細かな傷がある場合は傷の深さの分だけ研磨する。
古いガラスを撤去して、新しいガラスを設置する。強力な洗浄剤等を使用して、汚れを洗い落とす。



・ガラス交換の40%~60%のコストで対応可能。
・営業をしながらでも作業が行えるため長期休業の必要がない。
・有害な薬剤等を使用しないため安全。
・コーティングをすることで長期間お手入れが不要になる。
・ガラスが新品になるので、ひとつの汚れも傷もない状態になる。 ・常駐スタッフでも作業可能。
・作業コストを抑えられる。
・長期休業の必要がない。








・深めの傷を研磨する場合、稀に歪みが出たり割れたりすることがある。(事前にご説明します)・撤去、設置の期間は施設を利用できない。
交換に関わるコストが高い。
・産業廃棄物を出す。
・特注ガラス(特殊な形状)の場合、交換できないことがある。(もしくはコストが通常以上にかかる)
・強い洗浄剤を使用する場合、一定の時間施設が使用できない。
・洗浄剤が強力過ぎる場合、ガラスを痛める場合がある。
・しつこい汚れを完全に落とすことはできない。
・傷を落とすことはできない。
ガラス再生研磨
作業
「ガラスリニューアル工法」高い研磨技術により、ガラスに傷を付けず、表面の頑固な汚れのみを削り落とす。
「ガラススクラッチ除去工法」
細かな傷がある場合は傷の深さの分だけ研磨する。
メリット
・ガラス交換の40%~60%のコストで対応可能。
・営業をしながらでも作業が行えるため長期休業の必要がない。
・有害な薬剤等を使用しないため安全。
・コーティングをすることで長期間お手入れが不要になる。
デメリット/リスク
・深めの傷を研磨する場合、稀に歪みが出たり割れたりすることがある。(事前にご説明します)
ガラス交換
作業
古いガラスを撤去して、新しいガラスを設置する。
メリット
・ガラスが新品になるので、ひとつの汚れも傷もない状態になる。
デメリット/リスク
・撤去、設置の期間は施設を利用できない。
・交換に関わるコストが高い。
・産業廃棄物を出す。
・特注ガラス(特殊な形状)の場合、交換できないことがある。(もしくはコストが通常以上にかかる)
ガラス清掃
作業
強力な洗浄剤等を使用して、汚れを洗い落とす。
メリット
・常駐スタッフでも作業可能。
・作業コストを抑えられる。
・長期休業の必要がない。
デメリット/リスク
・強い洗浄剤を使用する場合、一定の時間施設が使用できない。
・洗浄剤が強力過ぎる場合、ガラスを痛める場合がある。
・しつこい汚れを完全に落とすことはできない。
・傷を落とすことはできない。

このように、ガラス再生研磨は、ガラス交換とガラス掃除のメリットを掛け合わせた強みがあります。